マンションの水道水はまずい!?

水のは種類は定義によってたくさんの物に分かれます

水の種類には分け方がいくつかありますが、大きく分けて、水道水とナチュラルウォーターに分かれます。

水道水は湖や川などの水を浄水場で浄水するものです。
川や湖に生活排水などが流れ込み、匂いを取り除くための塩素処理の塩素の量が多くなっています。カルキ臭が嫌われ、水を買う人が増えたともいえるでしょう。

 

ミネラルウォーターナチュラルウォーターは天然水の一種で、特定の水源からくみ上げたものをさします。
ミネラル分が少ない物をいいます。日本では天然水の沈殿、濾過、加熱殺菌を義務付けています。

ナチュラルウォーターも地下水を沈殿、濾過、加熱殺菌処理していますが、そのほかの処理はされていません。ミネラル分の多すぎる水は乳児のお腹には負担になりますが、ナチュラルウォーターであれば乳児にも安心して飲ませることができます。

 

水の種類は、そのほかに、ナチュラルミネラルウォーター(特定の水源から採り地下水でミネラルが基準以上含まれている物)、ミネラルウォーター(地下水ですが、沈殿、濾過、加熱処理以外にオゾン殺菌などの処理もされている物で、いくつかの水源の水を混ぜたものもあります)があります。

販売されているミネラルウォーターの中に、バナジウム水というのがありますね。このバナジウム水とは、どのような水なのかご存じですか。
さて、「バナジウム」ですが、これは、カルシウムやマグネシウムなどと同類のミネラルの一種です。
人間の身体の中にも存在している物質で、体内でコレステロールの抑制をしたり、老廃物の排泄を促したり、インスリンと同様の働き・・・つまり血糖値を下げる働きをしたりと、さまざまな有益な働きをしてくれています。
このような理由で、注目を集めている物質のようです。
ただし、市販されているバナジウム水の人体への作用は、疑問視されているようです。
しかしながら水ですから、劇的に効果があるほうが、かえって安全を疑ってしまうという考え方もありますね。

 

さらに、現在宅配の水などに使用されているRO水があります。
これは逆浸透膜という水の成分しか透さない膜を使って作る水で、細菌やウィルスの心配がありません。
ただミネラル分もありません。そこでこのRO水にミネラル分を足したものが市場に出回っています。

 

水の宅配が盛んになっていますが、水道水に対する抵抗感や、健康に対する意識が高まり、安心な水を飲みたいということが、さまざまな種類の水の流通を盛んにしてきています。

 
 


同ジャンル・関連ページ