マンションの水道水はまずい!?

水道水に含まれる有害物質について

日本の水道水は、安全であると考えている人は多いはずです。
それぞれの地方で水道設備が整い安全で清潔な水が提供されていますが、さらに安全に気をつける人は、浄水器で安全な水に気をつけています。

日本全国、安全に飲めるとされている水道水ですが、どうしても取り除けない水に含まれる有害物質があります。
それは、塩素です。塩素は、水と結びつき化学反応を起こしてしまうのです。その結果、トリハロメタンという物質が生成されます。

 

水道水トリハロメタンは、発がん性を疑われており、さらには肝障害や腎障害などの症状を引き起こしたりします。
現在の水道水は、水に含まれる有害物質を把握し、トリハロメタンの総量がすぐに健康に影響が出ない量に調整しています。

また、あまりにも簡易的な浄水器を除き、このトリハロメタンを除去することが出来ますから、それだけでも発がん性物質を体内に取り込む可能性が減少するでしょう。

ですが、赤ちゃんや流産するおそれのある妊婦は、水道水を避けた方が良いかもしれません。

 

このように、水道水はなるべく飲まない方が良いようですが、どうしても飲む場合は沸騰させると良いようです。
水を沸騰させた、さらに10分間沸騰させ続けると、トリハロメタンはなくなると言われています。
それを、冷まして飲むと安全ですね。

 

他にも、水道水に含まれる有害物質はあります。昔の老朽化した水道管には、鉛が含まれている可能性があります。
その鉛が溶けだして、水道水に含まれることもあります。

鉛の成分は体に吸収されやすく、体外に排出されにくいのです。体内にとどまり続けると、やがて痴呆や脳炎や肝臓障害を起こす原因になります。

 

つまり、日常生活において、ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を飲んだほうが安全だと言えます。
すぐに健康に影響がなくても、水道水には日頃から気をつけたほうが良いかもしれません。

 
 


同ジャンル・関連ページ